【小売からの転職】転職先は複数ある!辞めたい人向けに経験者が解説

【小売からの転職】転職先は複数ある!辞めたい人向けに経験者が解説

当サイトでは小売からの転職について体験談をもとに解説していきます。

  • 小売がキツイから辞めたい
  • 小売からの転職は難しいんでしょ?
  • 小売からの転職先はどこがあるの?

と小売を辞めるべきかどうか悩んでいる人向けに、「小売からの転職」について必ず覚えておくべきことを説明しています。

実際に小売から転職した私(もすけ)が成功体験談をもとに解説していくので、大事だと思った部分は必ず覚えておいておください!

小売の離職率は約37%と高い

小売の離職率は高い

小売で働いている同期や先輩がみんな辞めて行く…

小売業は特に人の入れ替わりが激しい業界です。辞める人が多く、入ってくる人が少ない世界ですよね。なので常に忙しい状況です。

小売業=ブラックというイメージは世間にも浸透していますが、離職率をみても納得のいく数字でした。

これは小売業の離職率(入社して3年以内)をグラフにしたものです。

上記でも説明しましたが、小売業の離職率は平均37%もあります。あなたの周りではどうでしょうか?

100人が新卒入社した場合
⇒3年後に残っているのは約60人

3年以内に約4割もの人が脱落していく厳しい業界です。

私がいた企業では、もっと離職率は高かったですね。今考えただけでも恐ろしい…

入社10年目の先輩は「同期が1人しかいない」ということもあったので、3年目以降も続々と辞めていく人が多数います。

なので辞めて転職したい!と思うのは決して不自然なことではないです。

小売の中でも「ホワイト」「ブラック」な企業はありますが、仕事内容自体がキツイので、どの企業にいても小売を辞めたいと思うのは不思議なことではありません。(むしろ当然)

そして特に小売で働く人の中で不満が多いのが「年収」です。

小売の社員の平均年収は低い傾向にある

小売社員の平均年収は低い傾向にある

あんなにしんどいのに、手取りがたったのこれだけ!?

小売の労働内容と年収は全く見合っていません

「もっと年収が上がっても良いのに…」と思ってしまうほど低いんですよね。

業界別の平均年収:小売は355万で一番低い
DODAのデータをもとに作成

平気年収を業界ごとに比べてみると、その差に愕然とします。「355万」でまさかの最下位ですよ?

小売と同じく過酷なサービス業よりも年収が低いという結果になってしまいました…。

小売の初任給を見てみると…
  • 大卒初任給:18~20万程度
  • 高卒初任給:15~17万程度

初任給でみれば「生活できないほど低い」ということでもないんですが、なにより「ボーナスが低い」というのが致命的です。

私の場合、入社時に「4ヶ月はある」と言われていたのになぜか2か月で年間「350」もなかったかな。

そもそもの利益も少ないため、社員のみならず契約・派遣・バイト・パート全ての従業員の賃金には期待できませでした。

とくに地方であれば最低賃金スレスレの時給も多く、社員でも住宅補助などが出ないような厳しい待遇の小売企業もあります。(そりゃ人集まらないですよね)

一番年収が低い業界が小売でもあるため、逆を言えば他の業界へ転職すれば年収がアップする可能性大です。

私が転職したきっかけでもあるんですが、

  • 適正年収が知りたい
  • 自分に合う仕事が知りたい
  • 書類選考なしの求人を見たい
  • 自分と同じキャリアの人ってどこに転職できたの?

などが調べられる「ミイダス」というアプリがあるので、辞めようか悩んでいるなら1度調べてみると参考になりますよ。

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ

転職活動はミイダス-あなたの価値を見いだす就職アプリ

MIIDAS CO., LTD.無料posted withアプリーチ

小売はキツい?辞めたいと後悔した理由

小売はキツイ?辞めたいと後悔した理由

これを読んでいるあなたも小売のキツさは十分わかっていると思います。

  • クレームの多さ
  • 転勤のスパンが短い
  • 休憩時間がとれない
  • 毎月のように繁忙期がある
  • サービス残業や休日出勤がある…etc

新入社員や店長などその立場によって辞めたいと思った理由は様々だと思いますが、今思っている「辞めたい」という気持ちは今後も絶対抱き続けます。(私がそうでした)

私は入社直後からずっと「辞める!」と愚痴ってましたが、最終出勤日までその思いは変わりませんでした。

次のボーナスが出るまでは頑張ろう」と転職を先延ばしにしている人もいますよね。

ですが先延ばしにしていると、「年齢」というフィルターによって転職先の候補がどんどん減っていきます

なので無理に我慢せず、辞めたいと思ったら今すぐにでも行動を起こすべきです。

1つ歳を重ねるだけでもかなり印象が変わります。

小売から転職したきっかけ!社員を辞めたワケは?

小売から転職したきっかけ!社員を辞めたワケは?

私は大学卒業後にそのままとあるGMSへ就職しました。名前は出せませんが規模はその業界の中でもトップクラスです。

就活のときは「なんてすばらしい企業なんだろう!」と思ってましたが、実際に働いてみると全く違う…!

人事の説明する仕事像と現場での内容が異なる、というのは小売あるあるですよね。

あまりにもギャップがありすぎたのですが、そんな私が小売を転職しよう!と思ったきっかけは3つあります。

  • 転勤が多く将来が不安になった
  • 精神的にキツかった
  • もっと待遇の良い環境で働きたかった

という3つが主に社員を辞める原動力になりました。

今となってはそのストレスからも解放されましたが、同じようなストレスや不安に襲われている人はぜひ参考にしてください。

転勤の多さから将来が不安になった

私の場合は1年に1回のペースで転勤していました。しかも同じ県内ではなく全て県外へ。

入社時は「転勤は3年に1回あるかないか」と説明されていたんですけどね…

引っ越しの度に仕事の引き継ぎをして、仲の良かった従業員ともお別れをして…というのが次第に嫌になってきました。

結婚のことや、40代や50代になってもこのまま転勤し続けないといけない…ということを考えたら悲しくなり…。

まずは「同じ業界・立場の人がどこに転職したのか調べよう」と相談してみるとこからスタートしました。

そのときに使ったのが「エージェント」です。

「辞めた方がいいのか」「小売からどこに転職ができるのか」などの軽い相談からスタートしたので、意外と軽い気持ちでも相談できますよ。(無料で使えるものは使わないと損です)

その3つを紹介しときますね

リクルートエージェント



求人数 4.7
求人の内容 4.5
サポート力 4.4
満足度 4.6

メリット

  • 求人数が業界トップ
  • 全世代(20代~50代)に対応
  • 地方でも手厚いサポート

デメリット

  • 規模が大きいため、エージェントの当たりはずれがある

求人数は業界トップクラスのリクルートエージェント。

登録しないと閲覧できない非公開求人の他、いろんな業界・業種の求人の選択肢を多く確保できる。

地方の場合でも電話のやりとりですべてサポートしてくれるのが◎

転職を急かすエージェントも一部いますが、自分と相性がいいエージェントに当たれば通過率も大幅に上がります。

パソナキャリア



求人数 4.3
求人の内容 4.7
サポート力 4.6
満足度 4.5

メリット

  • 業界1位の丁寧さ
  • 求人の質が◎
  • 女性の転職に強い

デメリット

  • 求人数はリクルートよりも劣る

業界1位の丁寧さを誇るサポート力が特徴。特に女性の転職に強みあり。

若手よりも中堅以上(主任や店長)の社員の転職に強い印象。地方でも利用できる。

サポート内容が非常に丁寧なので、着実に転職活動を進められます。初めてでも安心して使えますよ。

第二新卒エージェントneo



求人数 4.3
求人の内容 4.6
サポート力 4.6
満足度 4.5

メリット

  • 入社歴の浅い若手向け
  • 求人にブラックが少ない
  • スタッフにも第二新卒が多いので気持ちを共有しやすい

デメリット

  • 大幅な給与アップは狙いにくい

第二新卒エージェントneoは入社して3年以内の若手向け

スタッフにも第二新卒で入ってきた人が多く、入社歴の浅い人の転職に理解がある人が多い。

実際に担当者が企業へ足を運んで確認しているためブラック求人少なめ

給与ではなく、環境が整った職場で働きたい人向けのエージェントです。特に軽々の浅い若手におすすめ。

クレームが多く精神的にキツくなった

小売業では毎日のようにお客さんからクレームが入りますよね。

中には理不尽すぎる内容もありました。

こちらに非がなくともお詫びをしないといけない、そして店長など責任ある立場になればその機会がさらに増えます。

今の上司の仕事を数年後には自分もしないといけないのか…と考えたら、こなせる自信がありませんでした。

こういった精神的なストレスからも、「絶対に小売を辞めてやる」と思い求人サイトやエージェントの利用を開始しました。

給与面に不満があった

私の当時の年収は350万ほど。残業代やボーナスなども込みです。

小売以外の違う業界で働いている友人らは450万ほど。その差は100万ですよ?しかも年末年始やお盆の休暇もとっていました。

友人たちの話を聞いて、「労働量が少なく精神的や肉体的にもラクな業界はいくらでもあるんだ」とようやく気が付きました。

一生この年収じゃ嫌だ!せっかく大学も出たのに…。

という給与面への不満から、小売を辞めて転職する決意が固まりました

小売からの転職体験談を詳しく説明

小売からの転職体験談を詳しく説明

私は小売に就職して〇年目(特定されたくないので)の春ごろから転職活動を始めました。

最初は空いた時間を見つけては1人で転職活動していたのですが、

  • 何から始めればいいのか
  • どの業界が自分に合っているのか
  • ホントに小売から転職できるのか
  • 志望動機や職務経歴書の書き方がわからない

という悩みがいくつも出てきました。

就活の時とは違い、今度は社会人として企業と向き合います。

自己PRや志望動機ってどう書けばいいの?そもそも小売からの転職先って他業界も目指せるの?

とわからないことだらけです。

最初に3社受けてみましたが、書類選考の時点で不合格。

「これは1人では成功できない」と直感したので、転職エージェントに相談することから開始。

私が使ったエージェント3社
  • リクルートエージェント
  • パソナキャリア
  • 第二新卒エージェントneo

1つでは不安だったので、この3つを併用し小売からの転職を任せられるエージェントを最後まで利用することにしました。

最初から1社に絞ると、比較ができないのでおすすめしません。

私の場合3社全てに求人を紹介してもらったのですが、あなたの職歴によって使い分けたほうが良いです。

3つとも住んでいる場所に関係なく利用できます。(サポートは電話or直接会うかも選べます)

その3つのエージェントをわかりやすくまとめてみました。

そのアドバイザーとの相性もあるので、できれば2つ以上併用したほうが今後の気持ち的にも楽になりますよ(最悪なエージェントに当たってしまった場合の保険にもなります)

小売から転職!おすすめの転職先はどこ?

小売から転職!おすすめの転職先はどこ?

「小売からの転職先は小売しかない」

なんて言う人もいますよね。以下の記事でも説明したように

もちろん小売⇒小売への転職も可能です。同業他社での経験をそのまま活かせるので、このほうが何倍もカンタンです。

ですが多くの人は「小売から他の業界・業種への転職」を目指したい人がほとんどですよね。

小売から全く違う業界へ転職する場合には、私が失敗したように個人での活動だと思ったような成果が出ない場合が多いです。(誰かのサポートなしでは非常に難しいです)

  • 事務職
  • 製造業
  • 営業職
  • IT系
  • 商社
  • メディア

など数多くある業界の中で、「小売から転職はできたけどまたブラック企業を引いてしまった」というような同じ過ちをすれば次はさらに厳しくなります。

店長・バイヤー・一般社員など職歴に関係なく、最初で失敗すると後々辛いです…

  • 小売を辞めるべき?
  • 他の人の転職先ってどこがあるの?
  • 志望動機や職務経歴書の書き方が知りたい

など基本的な相談から私は始めたので、「エージェントを活用したら絶対に転職しないといけない」なんてことはありませんでした。(合わないと思って途中で利用を辞めたこともあります)

小売から他業界への転職は難しくない!成功するためのポイント

小売から他業界への転職は難しくない。成功するためのポイント

最後に、小売から他業界への転職を成功させるポイントをまとめました。

「小売からの転職は難しい」と言われていますが、

上記でも説明したようにやり方さえ知っていれば、むしろ転職しやすいという強みがあります。

私が転職活動中、実際に心掛けていた3つを厳選したのでぜひ覚えておいてください!

転職する理由を答えられるようにする

どうして小売を辞めて全く関係のないうちの業界を志望するの?

これが厄介な質問です。私も面接で実際にされた質問なんですが、後ろ向きなコメントは絶対にNG。

「小売よりも楽だしお金が良いから!」

なんてニュアンスで答えてはいけません。「本音と建前」ですね。

私もどう回答するのが良いかわからなかったんですが、エージェントにヒント(答え?)をもらいながら進めたので、1人のときより何倍も楽に書類を通過させることができました。

志望動機を練ること

上と内容が被りますが、小売から異業種・異業界へ転職する「志望動機」で頭を悩ませました。

小売で働く中で〇〇という目標ができました

みたいに「現状を踏まえて次のステップを目指したい」というような書き方を教えてもらったのですが、これは人によって違うのでエージェントに手伝ってもらった方が確実です。

志望動機の書き方1つで書類選考の通過率も大きく変わります

小売からの転職に転職エージェントは必要

「転職エージェントは悪だ!」

みたいに考える人もいます(私がそうでした)。

中には自分の都合で転職を急かすようなエージェントもいますが、そういった人は稀です。

少なくとも私はそういう人に出会いませんでした。

また多くの人は

評判とか気になるなぁ…

と思って検索するんですが、ハッキリ言って何の意味もないです。

なぜかというと、「エージェントによって能力や相性が異なるから」です。

担当してくれたエージェントによって評価も大きく異なるし、自分にどのエージェントが付くのかも運次第。

ただ100%相性の良い人とタッグを組めるわけではないため、2社以上利用して保険をかけておくのが安心です。

最後に私が実際に使ったエージェント3つをもう1度まとめておきます。

良い求人は早い者勝ちです。無料で使えるのに利用しないのはもったいないですよ!

リクルートエージェント



求人数 4.7
求人の内容 4.5
サポート力 4.4
満足度 4.6

メリット

  • 求人数が業界トップ
  • 全世代(20代~50代)に対応
  • 地方でも手厚いサポート

デメリット

  • 規模が大きいため、エージェントの当たりはずれがある

求人数は業界トップクラスのリクルートエージェント。

登録しないと閲覧できない非公開求人の他、いろんな業界・業種の求人の選択肢を多く確保できる。

地方の場合でも電話のやりとりですべてサポートしてくれるのが◎

転職を急かすエージェントも一部いますが、自分と相性がいいエージェントに当たれば通過率も大幅に上がります。

パソナキャリア



求人数 4.3
求人の内容 4.7
サポート力 4.6
満足度 4.5

メリット

  • 業界1位の丁寧さ
  • 求人の質が◎
  • 女性の転職に強い

デメリット

  • 求人数はリクルートよりも劣る

業界1位の丁寧さを誇るサポート力が特徴。特に女性の転職に強みあり。

若手よりも中堅以上(主任や店長)の社員の転職に強い印象。地方でも利用できる。

サポート内容が非常に丁寧なので、着実に転職活動を進められます。初めてでも安心して使えますよ。

第二新卒エージェントneo



求人数 4.3
求人の内容 4.6
サポート力 4.6
満足度 4.5

メリット

  • 入社歴の浅い若手向け
  • 求人にブラックが少ない
  • スタッフにも第二新卒が多いので気持ちを共有しやすい

デメリット

  • 大幅な給与アップは狙いにくい

第二新卒エージェントneoは入社して3年以内の若手向け

スタッフにも第二新卒で入ってきた人が多く、入社歴の浅い人の転職に理解がある人が多い。

実際に担当者が企業へ足を運んで確認しているためブラック求人少なめ

給与ではなく、環境が整った職場で働きたい人向けのエージェントです。特に軽々の浅い若手におすすめ。

タイトルとURLをコピーしました